読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユートピア研究

『見つけ出すもの』ではなく『作り出すもの』、それがユートピア

9. 文学者たちが描いたユートピア

19世紀から現在にかけて最も大きな影響をもったユートピア思想とは、ロシアの文豪レオ・トルストイのものではないでしょうか。

 

戦争と平和で知られるトルストイの作品の中には、「イワンのばか」という彼が理想とする人間像を描いた作品があり、そして徹底した、

 

これらに基づく彼の社会思想と教育思想は、

 

マハトマ・ガンジーから

毛沢東

武者小路実篤

宮沢賢治

有島武郎

 

など、多くの知識人や指導者に影響し、そして多くの人間がユートピア建設に挑戦しています。

 

他に、イスラエルキブツや、アメリカ大陸に渡ったメノニータアミッシュたちのコミュニティーも彼の影響を受けているようです。



 私が実際に訪問した場所は、トルストイの影響を受けたユートピア思想として、埼玉県にある武者小路実篤「新しき村」と、南米ブラジルに弓場勇氏が造った「弓場農場」などは作者が共感を覚え、訪問し友好関係を維持する共同コミュニティーです。

 

しかし他方で、よく作者との関係の有無について問われたことのあるシュタイナーの「ひびきの村」や、ヤマギシの村」などについては、訪問したことも、一切の関係をもったこともありませんが、別の記事にて、参考例として研究対象にしています。

広告を非表示にする